<< 6号 | main | 被害状況 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

ブッダの弟子は今何処?

 夏は何かと飲み会の機会が多い。
家人も例外でなく、このところ連チャンで飲み食いに勤しんでいます。

庭でバーベキューだったり、ビヤーホールでバイキングだったり……





そんな中で、一度ちょっと許せないことがありまして…


だいたい、大病を患ってからアルコールは自分なりに控え気味にしていたのに、
その日は、帰宅時間も大幅に超過したうえ、
迎えの催促の電話越しに聴こえる声は
すっかり出来上がった、上々機嫌なでかい声。

呆れ返ったのは勿論のこと、メチャクチャ腹が立ったのは、
その集まりが、座禅会のメンバーだったってこと。

家人が大病を患ってたことを知っておきながら
深夜近くまでお酒の席に繋いでおくのって……

ブッダの弟子にあるまじき非常識さ!



だいたい、今のお寺さんは生きている人ではなく
死んでしまった人のためにある、みたいなところが多いじゃあないですか?
悩み相談よりも葬式のお布施の中身に心を砕く…
おまけにお酒も平気で飲んでるし……



前出の『ブッダの言葉』という本の中に、
ちゃんと書いてある。

なぜ、アルコールを飲んではいけないのか。
ブッダ曰く、アルコールを飲むことには6つのデメリットがあるそうな。

1.代金がかさむ。
2.自己制御能力が低下して喧嘩っ早くなる。
3.臓器を傷つけ病の原因になる。
4.信用を落とす。
5.性欲を煽られて容易に浮気、不倫に走る。
6.脳神経回路の混乱により考える力が衰退する。




と、まあ、Co子さんの言葉で書き換えると
こんな具合。

酒は百薬の長などと言っては飲むのはイイことだと
言う人がいますが…家人もその一人だが、
百薬の長で納まれる人は殆どいないのが現状。
酒が好きな人は、だいたい“毒”になるまで飲んでますわ。




とりあえず、これからは本当に飲み方には十分気を付けて頂きたい、
と思ってます。






                                              −Co子−
posted by: alice-heat | | 16:46 | comments(1) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 16:46 | - | - | - |
コメント
 
2011/07/24 9:23 AM
Posted by: 峠のヨッサン
おはようございます。

アルコールの6つのデメリット、了解いたしました。気をつけます。
私も、深酒した翌日から手が腫れ上がりました。臓器の代わりに手に毒が回ったのだと思います。