<< 大阪“イレーヌ”物語 | main | 偶然 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

バス旅行の醍醐味

 東京へ行く時に乗る深夜高速バスは
眠っている間に目的地に着いて朝から一日中遊べるっていう
かなり便利で効率的な移動手段ですが、
移動中、車内は消灯し皆お休みモードなので
本を読む訳にもいかず窓の外を眺める訳にもいかず
昔に比べるとかなりシートも良くなったとはいえ
眠れないとそうとう苦痛を味わうことになる。


その点、大阪へ行く時は昼間の移動なので
窓の外を眺めたり周りに気を配りながらならお話だって出来る。
特に鉄道からの眺めとは違う知らない街中の景色は見ていて飽きない。

おもしろい看板とか斬新なデザインのビルディングとか…

今回の大阪への道程でも結構面白いモノを発見出来た。
あのクレーンでつってた鯉のぼりもしかり。

もっと沢山写真撮っておけば良かったなあ…
と反省しながら、発見してちょっと感動したモノがあった。










大阪(バスの車窓から)

いきなり現れた何だかすっごいヘンテコリンで面白い建物。
これって、少し前に話題になってた“処分場”じゃあないですか?

遠くに輝くまあるい金色の物体が、まるで黄金のモスクのよう…。





バス旅行は………

楽しいなあ!!










                                     -Co子-
posted by: alice-heat | 文化一般 | 20:21 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:21 | - | - | - |
コメント