<< 大阪“イレーヌ”物語 | main | バス旅行の醍醐味 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

大阪“イレーヌ”物語

 本物を目の当たりにしてしまうと、
どうしても印刷物とか複製とか欲しくなくなっちゃうのは仕方ない。

家人は、今回の展覧会の図録を買ってましたが、
2,000円出してまではいらないなあ…とも思ったけど
ルノアールのこと詳しく知らない人にとっては
図録というモノは、取り敢えず持っておきたいモノらしい。



まあ、本物の前では霞んでしまうけど
本物は自分の目にしっかり焼き付けたので
イレーヌに会えた記念に…
自分にはストラップ、他の人には絵ハガキを
お土産に買うことにしました。

ルノアール展お土産

これ見てたら、もう一度会いに行きたいなあ…
と思ってしまうCo子さんなのでした…。

6月の27日まで展示してるので、
機会があれば、行っちゃってるかもしれない……














大阪7

堂島ロールのお店のすぐ近くにあったワインのお店のディスプレイ。
ちょっとオシャレでイイ感じだった。








                                          -Co子-
posted by: alice-heat | 文化一般 | 10:18 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:18 | - | - | - |
コメント