<< おめでとさんです | main | 只今、DVDを製作中 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

あおえく

 アリスが、
「燐がカワイイ、カワイイ」とうるさいんですが。





続きに『青の祓魔師』の感想。
 



















    青の祓魔師


いいですね〜〜、劇場版ならではの隙のない背景美術とか
キャラクターの安定した作画と滑らかな動画。
やっぱり劇場版はこうでなくっちゃっ!!と思います。
そういう意味で、楽しませて頂きました。
ありがとうございます。


只、アニメ『青の祓魔師』という作品の持っている性格上、
今回扱うテーマは結構難しいかも…と思いました。

原作は読んでいないのでアニメ版のみを観ての考察ですが
どうにも悪魔と人間の関係性が曖昧で
世界観がよく分からないし
其々の立場とか考え方とか目的とか…
その他モロモロが分からないので
何故、そういう行動をとるのか
何故、そんな考え方をするのか
とても大切なことが理解し難いという大問題を孕んでる…っていう……。

主人公 燐は相対する存在の狭間に位置する美味しい存在な訳で、
絶対魅力の付加価値半端ない存在だと思うんですが
何故だかあんまし魅力感じないんですよネ。

まあ、そんなこんなだから、
映画で“悪魔”を“助ける”みたいな設定をどう料理するのか
料理方法が見つかるのかどうなんよッ?って
そこが興味と言うか、制作側チャレンジャーだな オイ!
と思ってました。

実際、観てたら祓うべきか祓わざるべきかの基準は
見た目ヌメヌメした得体の知れない化けモノか、
人型でカワイくて「そんなつもりじゃあなかったんだよ〜」だから悪くない!なモノなのか
って意地悪な目で見ざるを得ない位
あんた達、何の躊躇もなくバッサバッサとウサ麿以外は殲滅してたじゃあありませんか(笑)


それはさておき、最早そんな設定は原作というかアニメありきなので
勝手に設定無理だと思うから考え無い事にしよう。

で、一番残念に思ったのは台湾の祓魔師。
結構重要そうな感じで登場したし、
キャラデザインは美形で設定もペッツなんぞ食いよって
しかも伝説の祓魔師の末裔だなんて…これからストーリーに深く関わって来るであろうはずの
かなりディープに立てられているキャラだとと思ったのに………

彼こそは主人公と対極にあり、
最終的にラスボス的位置でも良かった程のキャラに成り得ませんか?
まあ、流れ的にこのオリキャラ無しで
雪雄にこの役どころを与えても良かったのに……。


実は、クライマックスの何か黒いウヨウヨしたコールタールだったっけか、
あの大群と闘ってるシーンで記憶が一瞬吹っ飛んでたんですヨ、
眠くて。 ホントごめんなさいm(_ _)m

実際、派手なアクションシーンやバトルシーンは見せ場だと思うし
眠気なんてぶっ飛ぶはずなのに
何か画面のあっち側だけが騒がしくて気持ちが単調になって退屈した結果…
っていうか…。

私の持論ですが、最大の見せ場のバトルシーンは
対化け物ではなく、
人と人、思いと思いがぶつかってこそだと思うので
やっぱりオリキャラか雪雄のせんでひとつ……
って思います。


惜しいな〜〜〜〜、これじゃあオリキャラいらなくネぇッ?



わざわざ出してきたキャラがこの扱いだとメチャクチャイラっとします。

まさか! また、上からのお達しでもあったのか?
出来上がってたシナリオ削ったなんて邪道はイヤですよ?


とにかく雰囲気だけで「燐がカワイイ〜〜」とか
「オリキャラかっこいい〜〜」とかだけでは寂しすぎます。

せっかく人を引き付けるテーマを設定出来たのだから勿体ない。







                         2012.12.28. 鑑賞

posted by: alice-heat | 映画 | 12:24 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:24 | - | - | - |
コメント