<< 実は、上京してました。 | main | 妖精の尻尾? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

今頃……遅くて…何やってんだか…

 今夏の鑑賞映画の感想。



上映終わっちゃってるナ……。






                            −Co子−
 














  おおかみこどもの雨と雪


細田監督の描くキャラって、『時かけ』にしても『サマ・ウォ』にしても
何でか魅力に欠ける気がします。
特にメインになる主人公とかヒロインとか……
これって……かなり問題だと思います。
あくまで自分にとってですよ。


が、今回は珍しくキャラが魅力的なコが居た!!


それは雨ちゃん!!!



私、雨ちゃんのその後まで見たいと思いました。
っていうか、その後をそれを見たい!!



お母さんのハナよりも興味がある。





すみません、観てからちょっと時間が経ちすぎました。

何かもっとあったようなんですが……



それにしても、細田作品で
キャラの魅力についての云々は重要なところです。


作品の出来は高いのに
なぜ、キャラに魅力が乏しいのか……。

その辺、考えて下さい。





                         12.8.16. 鑑賞
posted by: alice-heat | 映画 | 00:01 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - | - |
コメント